筑波大学キルギス難民救援基金 協賛

2010年6月8日にキルギスにて、覆面武装した人達が一般の人々の家を焼き払うなど無差別的殺害(被害者の多くはウズベク族)を行い、約30万人の避難民が発生しました。このことを受け、筑波大学のキルギス出身留学生を中心に「筑波大学キルギス難民救援基金」が発足され、CLOVERは協賛団体となりました。家を追われた多くの難民の方々に必要物資を届けました。

活動実績へ戻る