代表挨拶

みなさん、こんにちは。
CLOVER~難民と共に歩むユース団体~のホームページをご覧いただきありがとうございます。
CLOVER7代目代表を務めております、辻田小春と申します。

CLOVERは2009年に創設者の浅野マミによって設立された、筑波大学生による学生団体で、難民をはじめとする外国人の方々をサポートしています。特に、東日本入国管理センター(通称「牛久収容所」)が私たちの活動の中心です。牛久収容所に収容されている方々(難民を含む被収容者の方々)の訪問・面会活動、彼らの日本語学習をサポートする活動のほか、難民問題や収容所の問題をSNSやイベントの企画を通じて発信・啓発するなど、「学生でもできること・学生だからできること」に幅広く取り組んでいます。

私たちの活動を根本から支えているのは「Care&Love for Refugees」の精神です。これは、私たちがサポートしている難民・被収容者の方々だけでなく、CLOVERに関わるすべての人々、そしてCLOVERのメンバーに対する「気遣い(Care)」と「愛(Love)」を常に持ちながら活動していこうという、CLOVERの活動を続けていくうえで最も大切な姿勢です。この「Care&Love for Refugees」は私たちの団体名「CLOVER」の由来でもあります。
Care・・・C
Love・・・LOVE  
 CLOVER
Refugees・・・R

ここまで、難民や被収容者の方々を「サポートする」と書いてきましたが、決して私たちが一方的にサポートしているわけではありません。
このことは、面会活動のときに強く実感します。収容所という閉鎖的で代わり映えのない環境下であっても、コツコツと日本語の勉強をしたり、収容所から出たらこういうことがしたいという目標を持っていたりなど、決して悲観的にならず希望をもって前向きに生きている方々と会って、私たちの方が逆に元気をもらってしまうことは数知れず、また、彼らのそういう姿から学ぶものは少なくありません。

CLOVERの活動は、問題の根本的な解決にすぐ繋がるものではないかもしれません。そうだとしても、CLOVERの活動は意味のあるもの、必要とされているものだと信じています。それは、ここまで活動をする中でそのことを何度も実感してきたからです。
問題を根本から解決しようと努力している方々がいてもなお、苦しんでいる人たちは「今」いるのです。未来を変えるために活動をする人々がいるなら、それでも救いきれなかった現在の苦痛をほんの少しでもやわらげようとすること、それが私たちの活動です。
難民の方や被収容者の方、支援者の方々や顧問の先生など、多くの人々の支えのおかげで、CLOVERの活動も8年目を迎えました。
脈々と受け継がれてきた「Care&Love」の精神、そしてこの7年間で築かれてきた被収容者の方や支援者の方々との「つながり」を大事にしながら、私たちも前向きに、一歩ずつ、活動を積み重ねていきたいと思います。

CLOVER~難民と共に歩むユース団体~
7代目代表 辻田小春