活動紹介

どんな活動をしているの?

 CLOVERは、設立当時からの試行錯誤を経た現在、以下の6つの活動を軸に展開しています。

  1. 被収容者の方々への面会訪問活動
  2. 難民の方々への物品支援
  3. 日本語学習サポート
  4. 翻訳サポート
  5. 仮放免者の方々との交流
  6. 啓発活動

なんのための活動なの?

CLOVERの活動は以下のニーズによって徐々に確立されていきました。

  1.  面会活動:Care & LOVE for Refugeesという理念を一番端的に具体化したのが面会活動です。被収容者の方々に面会し、お話しさせていただいたり、お話を伺ったりすることで、少しでも近くに寄り添い、ともに歩むことを目指しています。
  2.    物品支援:物品支援活動では次に説明する翻訳資料や日本語学習のために国語辞典を収容所に差し入れたり、誕生日カードや年賀状などを差し入れたりしています。カードなどは生活に必要不可欠でこそないものの、心の栄養として積極的に差し入れています。
  3.    日本語学習サポート:被収容者の方々の中には、日本語の学習にとても熱心で、実際に堪能な方が多くいらっしゃいます。そんな方々のもっと日本語を勉強したいという思いに応えて生まれたのが日本語学習サポートです。国語辞典の差し入れや、日本語に関するちょっとした知識をコラムにして差し入れする活動を行っています。
  4.    翻訳サポート:難民申請のためには膨大な資料を法務省へ提出する必要があります。しかし、その資料は全て日本語になっていなければいけないのです。そこから提出資料の翻訳という需要が生まれ、CLOVERはできる限りそのサポートを行っています。
  5.    仮放免者の方々との交流:これも面会活動と同系統の活動です。イベントなどを通して仮放免者の方々と交流することで、私たち自身、多くのことを学ばせてもらっています。
  6.  啓発活動:CLOVERがモットーにしている「知る・伝える・繋がる・行動する」の「伝える」活動です。様々なイベントの企画や参加、日々の情報発信活動を通して難民問題の周知に取り組んでいます。