活動理念・目的

CLOVERの目指すもの

東日本入国管理センターの難民申請者を含む被収容者の方々が、収容中や仮放免中の社会的・経済的な不安定さから、心身共に大きなストレスを抱えている。このような問題を受けて、彼らが未来への希望を持って生きられるよう、寄り添うこと

CLOVERの姿勢

若者が主体的に、気遣い(Care)愛(Love)をもって難民の方々と共に歩み、持続的な信頼関係を築いていきます。
また、「知る」「伝える」「繋がる」「行動する」の4つをキーワードに活動しています。
Care & LOVE for Refugees

Care & LOVE for Refugees

CLOVERの活動内容

収容所における被収容者のニーズへの対応と仮放免者との信頼関係の継続化、
加えて日本における難民問題の認知度向上を目指し、以下の6つの活動を行っています。

  • 被収容者の方々への面会訪問活動 
  • 難民の方々への物品支援
  • 日本語学習サポート
  • 翻訳サポート
  • 仮放免者の方々との交流
  • 啓発活動